2015.08.14 Friday 23:35

盆踊りは、手続き記憶

盆踊り。
毎年、夏の帰省の楽しみのひとつです。

地域独特の音頭があり、代々歌い継がれて来ているようです。
もう、歌える人がいないようで、今残っているのは、お義母さんのお父さんの生歌テープ。

それに合わせて、小さなお社前で踊ります。

踊りの先頭は、お義父さんとお義母さん。
地元では欠かせない存在のようです。

なので、必然的に私達も輪に入らなければなりません。
ならないというよりは、楽しくて踊るって感じ。

当初は、独特の踊りだし、年に一回しか踊らないので、
なかなか覚えられず恥ずかしさもありました。
でも、回を重ねるごとに体が自然と覚え、
今この時しかないから、と楽しく弾ける感覚で踊れるようになってきました。

なんども繰り返すことで体が覚えていく。
これがまさに、手続き記憶ですね。
そこに「楽しい」という感情が相まってくると、
記憶の条件は最強になってきます。

気がつくと石井一族で輪の大半を占めています。

私たちが楽しく参加することで、盆踊りが継承されていき、
御先祖様の本当の供養になるような気もしています。

来年は、夫婦で浴衣デビューしようかな。
そろそろ、そんな年齢にもなってきました。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.upward-co.com/trackback/1450852
 
CALENDAR
           
PROFILE
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.