2009.11.12 Thursday 22:57

『〜をしなければならない』を脇に置く

今日のクライアントさんとのセッションでのことです。

話を聞いていると、以前よりもとてもゆったりと穏やかな気持ちで
育児に臨まれているような気がしました。
肩の力が抜けて、ココロに余裕ができた、そんな感じなのです。

そのことを伝えると、彼女はこう言ったのです。

仕事で、毎日『〜しなければいけない』、そんな気持ちいっぱいで
キチキチに過ごしてきた。
職場に着いたら、自分の分担をまずやり終え、それからでないと他のことに
手をつけられなかった。

でもある日、
『もっとのんびりしてもいいのよ。今絶対にそれをしなければ
ならないこともないの。帰るまでにできてたらいいの。
それよりも、こっちをやってもらった方が助かるわ』
と、素敵な年配の上司に言われ、目からウロコ状態になったそう。

そう言われて、自分の判断でしなければならないと思い込んでいたことが、
必ずしも、今しなければいけないことでもないと言うことに気付いたのだとか。

それからは、家事に関しても『〜しなければいけない』をちょっと脇においてみたら、
すごくココロが楽になって、結果、子供にも穏やかに接するようになってきたんだとか。
子供も彼女もイライラが減ったとのこと。

今までは『〜しなければならない』にガチガチに縛られていた彼女が、
ほんの少し視点を変えて物事にトライすることで、
仕事から家事、そして育児まで連鎖的によい結果が生まれてくるようになったのです。

まじめで誠実な方こそ、この状況に陥るケースが多いようですね。
(残念ながら私は、『〜しなくてもいいにしよっか』のタイプ・・・)

ほんの少し、自分の考えを脇に置くことも大切なことってあるんですよね。

あなたは何を脇においてみますか?

※セッションの内容については、クライアントさんの許可を得てブログに掲載しています。


2009.09.28 Monday 23:58

ワクワクの力

今日は、久々にコーチングセッションを再開することになった
クライアントさんとお話をしました。

数ヶ月の間に、生活に変化があり、
ようやく新しいことを始めるスタートにたったため、
あらためてコーチングを受けたいとの依頼です。

彼女、間もなく始まる新しい生活にとてもワクワクしている模様。
ワクワクに満ちた未来にどんな目標を設定しようかと、
嬉しく迷っている感じでした。

「テーマ、まだ決まってないの。次回までに決めてくる」
と言う彼女は終始笑顔に満ちていました。

そんなクライアントさんを見ていると、
コーチとしてこれからしばらく同じ道を伴走できることが、
とても楽しみなってきました。

コレがコーチの醍醐味でもあるのよね。
真っ白なキャンバス。
さて、彼女はどんな色を塗ってくるのでしょうか。
私も一緒にワクワクしてきました。
そして、ワクワク度が高いほど、目標達成が現実的であると思っています。
来月からが待ち遠しいです。

(クライアントさんの了承を得て、ブログへの掲載をさせていただいております。)

2009.09.04 Friday 21:57

コーチが嬉しいとき

ようやく鼻のグズグズも治ってきて、体調も優れてきたので、
今日は美容院にカットに行ってきました。

私の担当スタイリストさんは男性です。
スタイリストさんといろいろお話ができるのも、
美容院に行く楽しみのひとつ。

実は、美容院の女性スタイリストさんが、
姫路のリビングカルチャーの「はじめてみようコーチング講座」
第一期生でした。

彼女は、お店のこと、自分のこと、スタッフのことを
いつも真剣に考えている向上心の高い方でした。
その彼女が、数ヶ月前から店長になったと聞きました。

男性スタイリストさんは、
店長からゼネラルマネージャーに昇格し、
彼女が店長に昇格です。

コーチング教室へ彼女を送ってくれた男性は、
彼女の今後の成長をとても期待していました。
彼女は、私のコーチング教室に参加することで、
様々な視点から、大きな成長を成し遂げてくれました。

クライアントさんが、成果を出してくださることは
やっぱりコーチとしては何よりの喜びですね。

そして、ゼネラルマネージャーは新店長が、
よきパートナーになったことをとても喜んでくれていました。

私の喜びも倍増です。

体調も戻り、美容院ですっきりし、私の心も満たされて、
なんだか少しパワーアップした気がしました。
夕食後、子ども達と十五夜を眺めながらお散歩。
月のパワーもあったのかな?

2009.07.10 Friday 22:04

やめることを決断する

今日、クライアントさんとメールでやり取りしていたときです。

「私、○○をやめます」
と宣言されました。

今までは、○○をすることを前提にセッションをしていたので、
少し驚いたことも事実です。
(やめる理由は、次回お話していただけることになっています)

でも、彼女の潔さがとても心地よく、
自分の中からきちんと出た決断だったんだなと、
少し嬉しく思いました。

本来は、『○○』がやりたいことじゃなかったんだと思います。
いつしか『○○』を敢えて見つけ出して、目標みたいにしてしまっていたのかな?

私にも同じ経験があります。
マイコーチにやることを宣言したら、
それがよくよく考えると本意ではなかったにもかかわらず、
コーチに成果を報告するためだけに、
いつも頑張ってやっていたことがありました。

そんなとき、とても重いものが自分の中にあって、
とうとう私もやめることをコーチに宣言しました。

そしたら、コーチもその決断に快く賛成してくれて、
ずいぶん気持ちが楽になったことを覚えています。
その後は、軽くなった分、本来やるべきことに思い切ってトライすることができました。

納得して決めること、とても重要だと思います。
惰性で行動するよりも、やめることを決断できた自分を褒めてあげて欲しいと思います。

次のセッションでお話を聞くのが、今から楽しみです。

2009.06.04 Thursday 20:49

宣言するパワー

今日も朝からコーチングセッションがありました。

彼女はカラーセラピストです。
セラピーで多くの人のココロや体の不調を正してあげたり、
気持ちを軽くしてあげることにやりがいを感じています。
子育てをしながら、自分がやりたいことに向けて一生懸命勉強してきました。

今日は、彼女からとても嬉しい宣言がありました。
「自分がカラーセラピーをやっていることを、堂々と宣言したい!」
と彼女は言いました。

「今までは、正直、自分に自信を持てなかった。
でも今は、それでも堂々と宣言して、多くの人にセラピーで接したい」

そう言った彼女の声は、明らかに今までの声とは違い、
覇気に満ちて、とても堂々としていました。
目指す目標に対しても、具体的な行動を考え、
実践することを宣言しました。

今日の彼女は、今までよりもとても輝いている感じ。
それも、自分で磨いて輝いたという感じ。

私に対して『宣言する』ことだけでなく、
周りの人に『宣言』していくことで、
きっとその輝きは多くの光を受けて、
もっともっと輝いていくと思います。

頑張って、クライアントさん。
その夢は絶対叶うよ。
もう、一歩踏み出しているよ。

2009.05.28 Thursday 15:04

マイルストーンで成長

今日もコーチングセッションがありました。

毎回、彼女はセッションで何かを見つけて、職場で課題を克服し、
次のセッションでまた新たな課題を持ち込んできます。

その繰り返しで、彼女はずいぶん成長したように思います。
いろんなことを意識し、感じること。
これだけでも、無関心であることに比べると大きな成長です。

オンゴーイング『継続すること』で、コーチングの成果は大きく変化します。
たった一回のセッションでも、気づきを得ることはあっても、
行動に変容を与えるには、やはり『継続すること』が重要です。

そして、その継続の中で、
最終的な目標までに、マイルストーン『小さな目標』を設定することが、
成長の秘訣にもなってきます。
まさに、小さなことからコツコツと、ですね。

ひとつ小さな目標が達成できれば、
達成感や自信によるモチベーションの維持ができるし、
「もっと、もっと」とさらに上を目指す意欲がわいてきますよね。

そんな彼女は、今、職場でなくてはならない存在になっているようです。
いろんなことを乗り越えていく彼女の姿を、目の当たりで感じられることが、
私の喜びでもあります。

マイルストーン。
なんか、キラキラしたような言葉で私は大好きです。

今のあなたのマイルストーンは、何ですか?

2009.04.21 Tuesday 16:42

声の弾みが違います!

昨夜から雨になり、今朝もどんよりしたお天気。
でも、今日の私は、クライアントさんから元気をいっぱいもらい、
気持ちは朝から快晴な感じです。

午前中に2件のセッションがありました。

1件目のクライアントさん。
実は、前回から少し間が開いてしまったので、ちょっぴり気になっていたのです。
前回は、ややトーンダウンな声だったので、今回はどうだろうかと。

いろいろ聞いていると、この間に自分で物事の受け止め方を変えてみたり、
新しい視点で仕事に挑戦することで、
いろんな気づきを得て、とても前向きな思考に変わっていました。

これからの目標を聞いても、すごくポジティブで、
彼女らしさが溢れてきたように感じました。
今の彼女なら、自分らしさを武器にとてもいい仕事が出来ると思います。

そんな彼女の声は、明らかに弾んでいました。
プラスのエネルギーを電話越しにたくさんいただきました。

2件目のクライアントさん(対面)。
起業をされ、4月から法人としての経営者にもなりました。
あとは、事業計画通りにビジネスを進捗させ、軌道に乗せていかなければなりません。

ひとつひとつ、やるべきことが固まってきて、
それをいつまでにやるか、いつスタートするかについて
具体的にセッションを進めて行きました。

「え〜!!無理。」
と、言いながらも、言ってる声はコチラも弾んでいます。
そして、笑顔。
期日を明確にしたことで、ゴールが明らかになり、
彼ならきっとやり遂げることができると確信しました。

『声が弾む』

すごくいいですよね。
周りを引き込むパワーを持っています。

コミュニケーションの93%はノンバーバル(言葉意外)であると言います。
イキイキした声もそのひとつ。

プラスの連鎖を広げたいですね。


2009.04.09 Thursday 21:19

セッションでスッキリと

1時間弱のセッションでは、
クライアントさんが目指す目標達成のためにたくさんのお話を聞きます。

この1時間弱で、クライアントさん自身が感じるものを得て、
次の行動に繋がる手がかりを持ち帰ってもらわなければなりません。

常に『目標』と言う全体像にきちんと向かっているかを確認し、
それでいて、一回ごとのセッションでの成果も確認しなければなりません。

今日のクライアントさんも、現状の課題を克服するきっかけを
上手く見つけ出すことができていなかったようで、
いまいち納得のいく答えにいきつくことができていませんでした。

そこで、私から視点を変える事例を提案してみました。
物事をみる見方を、全体像でみるか、各々のパーツでみるかと言うこと。

その話をした途端、彼女の声がスッキリ明るいものに変わりました。
「スッキリしました。ストンと落ちました」

待っていました。その一声。
正にその瞬間は、そんな感じです。

水戸黄門で言うと、ようやく由美かおるの入浴シーンにいける
そんな感じですね。

セッションで消化不良を起こさなかったときは、
とても前向きな気持ちのままでセッションを終えることができます。
それが次への原動力にもなります。

話すことでスッキリし、完全消化でさらにスッキリと。
そんなところが、コーチングの醍醐味でもあります。

春です。
あなたのライフ&ワークにコーチングを取り入れてみてはいかがですか?
未来を手に入れるお手伝い、喜んでお引き受けします。
セッション希望の方は、まずは
メールで、ご連絡くださいませ。

折り返しご連絡差し上げます。

2009.02.20 Friday 21:05

チームワーク

先日のセッションでクライアントさんから、大きな気づきの報告を受けました。

「・・・仕事でやってはいけないミスをして、
 スタッフに迷惑を掛けたのに、
 みんながフォローをしてくれました。

 普段はマイナス面が目に付くことの多い仲間だったけど、
 今回のことで人の温かさや、自分が大切にされていることを知り
 みんなの力の大きさを感じました。

 その後の、困っていることが起きた時のチームの団結力は、
 以前にも増してよくなりました。
 私もその力のひとつになっていることを誇りに思って仕事をしています」

自分が承認されることで、仲間との信頼関係が生まれ
よりよいチームビルディングができたと言います。

彼女はかれこれ一年近く、私とのクライアント契約を継続してくれています。

コーチングを受けるようになって、自分が大きく変わったと言います。
自分の視点で物事を見続けていたことが、
客観的に物事を見たり、相手の視点で考える思いやりが
出てきたといいます。

コーチングを受けたといっても、その行動変容を起こしたのは
彼女自身の何者でもありません。
彼女が自ら変わろうと努力した結果なのです。

今の彼女は、職場でも家庭でも
とてもよいチームワークを率いるメンバーに成長しました。

たくさんの気づきや学びを、自分で得るようになりました。

ほんの少しコミュニケーションを変えるだけで、
人は大きく変わり、夢や目標をどんどん叶えていくことができます。

あなたも、そんなコーチングを体験してみませんか?
ただ今、クライアント様2名募集中です。

ご希望の方は、

・クライアント希望
・氏名
・メールアドレス

を明記の上、
Upward Coachingまでご連絡ください。

折り返し詳細についてご連絡いたします。

さあ、春です。
新しいこと始めてみませんか?



2009.02.02 Monday 16:55

自分磨き

今日は朝からクライアントさんとのセッションがありました。
新規のクライアントさんです。

子育てがもう少し落ち着いたら、自分のやりたい仕事をやるための
今は基盤作りをしたいとおっしゃいます。

とても家族思いのクライアントさんで、
今の状況に常に感謝し、ご主人を上手にたてながら、
自分の夢を追い求めています。

「自分を磨きたい」

そんな気持ちが電話の向こうから伝わってきます。
自分が輝かないと、相手も輝かせることができない。
そんな感じです。

話をしていて、「磨く」ということの大切さを
彼女から改めて教えられた気がしました。

母として、妻として、そしてお客様のために。
でも、本当は誰のためでもなく自分自身のために。

あくまでも上辺の輝きではなく、
中からじっくりと磨き上げられた輝き。
彼女はそんな光を求めているように感じました。

自分を冷静に見つめ、求めることができる彼女なら、
きっとその輝きを増すことができると思います。

一年間のセッションで、彼女自身が知らない部分も
どれだけ磨きをかけることができるか。
今から楽しみです。

<<new | 2 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
           
PROFILE
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.