2015.07.05 Sunday 20:01

本間正人コーチ来神!「笑顔の広がるコーチング」セミナー

日本コーチング協会神戸チャプターでは、
毎月第2日曜日にコーチングの勉強会を開催しています。
私もこの会に参加し始めて7年が経ちます。
毎回、新鮮で深みのある勉強会として
とても有意義な時間を過ごさせてもらっています。

今年はチャプター発足10周年。
『10周年記念感謝Year2015』として
2月からスペシャルゲストにお越しいただき、
コーチングに役立つ様々な情報を提供いただいております。
僭越ながら、私も3月に、
コーチングで使えるアクティブ・ブレインの考え方
についてお話をさせていただきました。

そして今月7月は、コーチング会では誰もが知る
本間正人先生をお迎えし、
「笑顔の広がるコーチング」〜誰でも始められるコーチングの第一歩〜
と題し、すぐに使えて役立つコーチングのエッセンスを
濃密にお伝えくださいます。

コーチングは会社や組織だけでなく、
そして、学びを終えた人だけでなく、
誰もがすぐに使えるものをお持ち帰りいただける内容です。

日時:7月12日(日)13:30〜16:30
会場:神戸市産業振興センター9階902・903号室
講師:本間 正人 氏 
会費:チャプター会員3,000円 非会員4,000円
懇親会:3,500円(希望者のみ近隣居酒屋にて)
申込:コチラまで

笑顔があるだけで、コミュニケーションは自ら切り拓いていけますよね。
とても楽しみな内容です。

私も当日はスタッフとして参加いたします。
お時間ある方は、ぜひご参加くださいませ。

 

2015.07.04 Saturday 23:07

コーチの癖は弊害か個性か?

今日は、大阪でコーチングの勉強会に参加してきました。
コーチング歴10数年のベテランコーチから、学び始めて半年という初々しい方まで勢揃い。

ロープレを見て、コーチの意図を紐解いてみたり、
クライアントにとってコーチングが機能した瞬間を解明したりと、
第1部はコーチングを研究する、そんな学びの場となりました。

実践での学びは自分のスキルを磨くためには重要ですが、
第三者的な立場で科学のように研究することも、
新たな発見、視野の拡大など大きな収穫があります。

第2部は、実際にコーチングする、してもらう、の実践トレーニングです。
理屈で分かっている「コーチング」を、
コーチの立場、クライアントの立場に立つことで、
本当に使えるように磨きをかけていきます。

ココで面白いのは、知識、理論としてのコーチングは分かっているはずなのに、
分かっていることよりも、コーチそれぞれの癖が全面に出てしまうこと。

すぐに、目標値や期限などを聞いてしまう人。
何ができるかをすぐに聞く人。
かく言う私はヴィジョンを聞くのが好きかも。

コーチの癖がクライアントにもぴったりとフィットとした時は、
コーチャブルな関係性の元で結果も出やすいですが、
もし、その癖がクライアントに??を突きつけていたら、
貴重コーチングタイムの何割かを奪ってしまうのかな、
と少し考えてしまいました。

しかしその一方で、無難にコーチングフローに基づいての質問が上手くできても、
クライアントに自らをつき動かすほどの答えが出なくては、
コーチの自己満足で、終わってしまうことにもなります。

そんなコーチングの奥深さについて、多くを学んだ勉強会。

でも本当の学びは、勉強会後のコーチ仲間とのお茶会で。

現場で起きている課題について、
「私だったらこう聞く」とか、
「私だったらこうしてもらったら嬉しい」
などのアドバイスや情報提供を。

そのやり方は様々で、結局のところ、
コーチの癖=個性であって、
その個性こそが相手を動かす原動力にもなっているわけで、これはコーチにとってなくてはならないもの、
と行き着きました。

だからこそ、コーチとの相性も大切なんですね。

お試しコーチング、随時やっています。
私のコーチングに興味のある方は、メール等でご連絡くださいませ。
喜んでサポートさせていただきます。

2015.04.04 Saturday 23:51

話すから聴くのか?聴くから話すのか?

先日ある方から、実は悩み事があると、相談を受けました。

結構、切羽詰まった内容だったのですが、
その方は一気に思いを吐き出されました。

私がどうにか解決してあげられることでもなく、
ただ、聴いてあげ、そして解決はできないなりに、してあげられることを伝えました。

もちろん、それを望むかどうかは相手次第。
だって、会話の主体は目の前の方ですから。

彼は一気に話し終え、私の提案を聞き、
それを選択するかの答えもないままに、
頑張ってやってみる!と、顔を上げました。

もちろん、私の提案を選択しなかったことに不服を感じることもありません。
相談の本質は、目の前の彼が自らの力で、
動いて行こうとすることにありますからね。

コミュニケーションは、
相手が話してくるから聴くのか、
聴いてくれるから話してくるのか?

鶏と卵のような感じもしますが、
「聴いて!聴いて!」
は、耳にすることはあっても、
「聴いてあげる!聴いてあげる!」
と言う、
聴くの押し売りは迷惑に感じることもあり、
やはり、聴いてもらいたくなる関係性を
日頃から築いておくことが重要なんだなと、
改めて感じました。

コミュニケーションの押し売りはお断り、ですね。

2015.04.02 Thursday 23:45

痛いです、連呼

先日、あるクライアントさんとのコーチングセッションの時のこと。

ことあるごとに、クライアントさんが、
「今の言葉、痛いです」
と発してきます。

私は、コーチとしてクライアントさんに対して直接的にフィードバックをしたわけでもなく、
一般論として伝えたことが、彼には図星だったようで、
心に突き刺さってしまったようなのです。

でも、そのクライアントさんはそう言いながらも、萎えてしまうことなく、
しっかりと現状を真摯に受け止め、どう解決するかを考えていました。

コーチングだからと言って、全て直球のフィードバックではなくても、
かえって変化球の方が、私もそうだ!と、
自分に投影しズッシリと受け止められるのかもしれません。

もしこのクライアントさんに直球を投げていたら、心が折れていたかもしれません。

相手に適した対話の仕方、選択することは結構重要です。

本質は、打ちのめすことではなく、
行動してもらうことなのですから。

相手が受け入れやすい話し方をしてあげるって、
やっぱり大切ですね。

2015.03.08 Sunday 21:14

アクティブ・ブレインとコーチング

今日は、コーチ協会神戸チャプターの勉強会で、
アクティブ・ブレインとコーチングについてのお話をさせていただきました。

記憶とコーチング。

どんな関連性があるの?
と思われるかもしれませんが、
実は大きな共通点があるのです。

それは、脳の使い方。

一生懸命頑張ってるのに結果が出にくい。
分かってはいるけど、行動の一歩が踏み出せない。

そのようなことは、自分自身にも時折あるし、
クライアントさんにも起こることがあると思います。

その根本は、実は脳の使い方で解決することが、
たくさんあるのです。

記憶の技法よりも大切な、脳の正しい使い方。

ここにフォーカスをした質問を使いながらセッションをすることにより、
現状に止まる時間が少なくなり、
チャレンジモードに自らシフトしていくことが容易になります。

今日はたくさんの質問集を作ってもらいました。

それを使って、具体的に課題を抱えていらっしゃる方に、
コーチングシャワーを浴びていただきました。

コーチングとアクティブ。

化学反応が起きると、脳も行動も加速します。
このコラボ、強烈です。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

可能性の扉、ドンドン開いてくださいね。

2015.01.11 Sunday 20:57

新年会、夜の部

夕方からコーチ協会神戸チャプターの
幹事新年会に合流してきました。
今年から、一員としてお手伝いさせていただくことになりました。

いつも思うのですが、コーチの皆さんはホント前向き。
ただ、言葉でそう発しているだけでなく、
自ら体現し、楽しんでおられる姿が逞しい。
こちらまでいい気をもらえる感じなのです。

そして、話題は2015年について。

今年はどんな一年にしたいかを一文字で発表。

私は残念ながら一文字では表現できなかったので、
この思いをしっかり一文字に置き換えることを、
今夜の自分の宿題にしたいと思います。

今年は、こんな素敵な方々と濃厚な時間を過ごせることに、
心から感謝です。

今日も、たくさん笑って、たくさん食べて、
ちょっと感動もしながら、
楽しい1日を過ごせました。

明日も自らいい日にしよう。

2015.01.06 Tuesday 23:54

やるって決める

今日は、新年最初のコーチングセッション。
クライアントさんの声も、いつもよりやる気に満ちている感じがしました。

いろんなことを語る中で、
「やる!ということを決めていなかった気がする」
と、大きな答えを得られたようです。

思ってはいるけれど、恐れや怖さ、不安から、
決めることから逃れていたかも。

それがわかった今、
この延長線上に思い描く未来はないから、
ココで決めないと、と。

クライアントさんの決意でもあり、
私自身への問いかけでもあるような気がして、
追い越されないよう頑張ることを、
私自信が再認識させられる瞬間でした。

よし、やるって決める!!

2014.12.14 Sunday 21:43

根拠はないけど、できそう!から始める

ここのところ、コーチング三昧の石井です。
今日は、日本コーチ協会神戸チャプターでの学び。
ファシリテーターは大先輩四辻コーチです。

行動そのもの以前に、自分がどうありたいか、
どうあることが心地いいのか?
何に情熱を注ぎたいのか?

昨日に引き続き、ぼんやり漠然としていたことが、
ずいぶん明確になりました。

数年前の自分なら言わされて書かされてる感を、
少なからず感じていたかもしれないことが、
出来そうな気持ちをもって書けているということは、
実現率も高いはず。

三昧も悪くない。

ちょうど、新年に向かうこの時期であることも絶好のチャンス。

大好きなフィギュアを見ていて、羽生君からも感じたこと。

自分の努力は絶対に必要だけれど、
努力が報われる時期もあるんだと思う。
それがいつやってくるか分からないからこそ、
常に最善でなければいけない気がする。

今日、宣言したことが、来年の今頃には、
達成リストに入って語っている、
と自分と約束しようと思います。

2014.12.13 Saturday 23:35

腑に落ちてこその行動

今日は梅田で、コーチ・エイのコーチングエクササイズに
参加してきました。

毎回、多くの学びが得られる場。
でも今回は、自分の中では一番といっても過言ではないと思うほど、
腑に落ち、納得ができるものだったように思います。

たくさんのセッションをこなす中で、
自分自身の力の発揮の仕方もよく分かり、
そのためにはどんな状況に身を置くことが大切かなども、
とてもクリアになりました。

私は「一人でも平気!」

自分で決めて、自分でやってきた。
一人でどこへでも行けるし、一人でいるのも好き。

そんな風に思ってきたけれど、それでは大した力を発揮できていない。

今年はフルマラソンに挑戦して、特にそう思うようになりました。
一人での練習の孤独さ、葛藤、苦悩。

でも、本番で感じたのは、沿道の応援、
同じゴールを目指すランナー、
見守ってくれるボランティア、
応援してくれた友達などがいてこそできた完走。

決して一人では無理だったと思う。
一人で42.195kmを走っていたら、
成しえなかった。

そう思うと、人からの力は私の原動力。

来年は、今以上に、素直に、人に甘えてみよう。
そして、いっぱい助けてもらおう。
そのためには、いいエネルギーを持った人との関係性が重要。

幸いにも、私の周りにはそんな人がいっぱいいるじゃない!
もう、答えは出た感じ!

来年、私は変わります。
そう、宣言したくなった学びの一日でした。

羽生くんのショート、彼からもギュギュっとエネルギーもらいました!
 

2014.12.05 Friday 22:03

知っているから使えるへ

今日は、午後から岡山へ。
駅前はクリスマスのイルミネーションで、
キラキラと輝いていました。
もちろん、桃太郎の像も桃の電飾で飾られていました。

そんな中、今日は戦略的コーチングの研修です。

コーチングと言う言葉が、どこの企業や職場でも、
身近なものになってはきたものの、
まだまだ、学問、知識として知り得ているだけで、
現場での実用レベルにまでは活かされていないのが現状のようです。

スキルを知っても、使えなければ宝の持ち腐れ。

そんな訳で、今日は聞いてもらう側の心地よさを体で感じながら、
相手の聞くスキルを観察し、
自分の聞くスキルに磨きをかけていくことをロープレで学びました。

たった10分でも、質問に対する自分の答えを見つける瞬間には、
自分の潜在意識にアクセスしています。

内から出てきた答えは、主体的な行動へと作用がしやすいもの。

ロープレだけでも、月曜からの無理のない具体的な行動が、
次々と生まれてきました。

知っているから、使えるに。

コーチングを組織に根付かせる、
大切なキーワードです。


<<new | 2 / 37pages | old>>
 
CALENDAR
           
PROFILE
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.